羅生門|藪の中

2014年11月
あうるすぽっと(豊島区立舞台芸術交流センター)

この作品は、フェスティバル/トーキョー2014のメインプログラムの一つで、パレスチナのアルカサバ・シアターとの共同創作です。原作・演出・ドラマトゥルク・美術・振付・技術全般を日本人が、出演・照明デザイン・選曲をパレスチナ人が担当しました。原作は今昔物語にもとづく芥川龍之介の小説「羅生門」と「藪の中」。その映画化として戦後空前の世界的名作となった黒澤明の『羅生門』、さらにそのブロードウェイ版翻案戯曲『Rashomon』が、アラビア語に翻訳され、パレスチナを経由してふたたび日本と出会いました(今回の上演台本はそれらを踏まえた新たな翻案です)。この経緯こそ、パレスチナの表現者たちと日本の観客との出会いそのものだと感じます。「パレスチナの恒常的な占領に、日本人は加担していないと言えるだろうか」と作品は問いかけます。無知、無関心、無視によってさらに深刻化していく問題を、「藪」と称して舞台上にあぶり出し、全員が「自分がやった」と言い出すに至る、現状に逆行したユートピアを描きます。

>>当日のパンフレットはこちらから

アーティスティック・ディレクター:
ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)

演出:坂田ゆかり

美術:目

ドラマトゥルク:長島 確

原作:芥川龍之介「羅生門」「藪の中」

参考:『羅生門』(脚本:黒澤 明、橋本 忍)、
『Rashomon- A Drama in Two Acts』 (Fay Kanin and Michael Kanin)

出演:アディーブ・サファディ、アタ・ナーセル、ヘンリー・アンドラーウィス、フサーム・アル=アッザ、ムアイヤド・A・サマド、シャムス・アースィー、ヤスミーン・カダマーニー

照明デザイン:ムアッズ・ジュバ

選曲:ザーヘル・ラシュマーウィ

音響:相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)

音響操作:畠山慎一

振付:酒井幸菜

衣裳:藤谷香子(FAIFAI)

美術制作:櫻井駿介

美術制作スタッフ:牛山秋良、市川ヂュン、森屋充正、小幡友夏、比企恵里花、野地真隆、直林朋栄、吉田尚弘

技術監督:寅川英司

技術監督アシスタント:加藤由紀子

舞台監督:佐藤 豪

演出部:大久保 遼

美術コーディネート:中村友美

照明コーディネート:佐々木真喜子(株式会社ファクター)

音響コーディネート:相川 晶(有限会社サウンドウィーズ)

字幕:幕内 覚(舞台字幕/映像 まくうち)

アラビア語台本:ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)

翻訳・通訳:橋本琴音、渡辺真帆

制作:河合千佳、砂川史織

企画:ジョージ・イブラヒム(アルカサバ・シアター)、
フェスティバル/トーキョー

製作・主催:フェスティバル/トーキョー

あらすじ

羅生門の下でジャーナリストが雨宿りをしている。門番が現れ、通行証を見せろと詰めよる。門に棲む鬘屋も加わり、3人は今朝の新聞に書かれたある殺人事件について話し始める。その事件とは、藪の中で発見された死体をめぐり、関係者全員が「自分が殺した」と証言するというものだった。見えない真実を前に、ついに羅生門の下の3人までもが自白を始める。そして混沌とした状況は、突如、パレスチナの詩人ダルウィーシュの言葉によって締めくくられる。